Q&A詳細 | アロマ整体サロン フライハイ

Q&Aカテゴリ 疲労回復 Q&A
質問 何をやっても、うまくいきません。
回答
実は私も、何をやってもタイミングが合わない時期がありました。

最初は「あ、うまくいかなかった」ぐらいの軽いことでした。

でも、何回も続くうちに、やる事なす事、うまくいかなくなりました。

そして最後には、忘れる、失くす、落とす、壊す、の連続…。

「何をやっても、うまくいかない」

この言葉が口から出た瞬間、「このままではいけない」と思いました。

そして、その状況からの脱出を試みました。

まず最初にやったのは、関節回しとストレッチ。

タイミングが合わないのは、脳が疲れているからだと思いました。

脳の疲れをとるためには、酸素が必要。

酸素は、血液によって運ばれます。

血管は、関節の中を通っています。

関節が硬くなると、血液が流れにくくなります。

また、血液は、心臓と筋肉のポンプで流れています。

筋肉が硬くなると、収縮できなくて血液を流せません。

だから、関節と筋肉をほぐして、血液が流れやすくしました。

次に、脳の疲れの原因はストレスだと思いました。

だから、アロマテラピーをしました。

アロマテラピーは、植物の香りで、身体と心を整えます。

精油の香りをかぐだけで、脳のバランスが整います。

だから、好きな精油の香りをかぎながら、一日中過ごしました。

一番よい香りに感じたのは、ジャスミンの香り。

ジャスミンは愛情を与えてくれる香り。

私は、回りの人に気を使いすぎていました。

人のことばかり考えて、自分への愛情が足りなくなっていました。

少し元気が出てきたので、ウォーキングを始めました。

歩くと、心臓と筋肉のポンプ作用で、たくさんの血液が流れます。

そして、たくさんの酸素が脳に届くようになります。

最後の極めつけは、魔法の言葉、「ありがとう」。

「ありがとう」は、「有り難う」。

その状態で有ることが難しいから「有り難う」。

イヤなことが起こった時に、「有り難う、有り難う…」。

「もう同じことは起こらない」と決別の意味を込めて、心の中で唱えました。

はじめの頃は、一日中「有り難う」の連続でした。

けれども、一週間ほどすると、少しずつタイミングが合い始めました。

1つタイミングが合うと、次々とタイミングが合い始めます。

このタイミングが合う瞬間が、とても嬉しい!!

それからは、加速度的に回復して、脱出成功!!!

回復すると、うまくいかなくなる前よりも、よい状態になります。

うまくいかない時は、体と心に負担がかかりすぎている状態。

やみくもに頑張ったり、前向きになろうとしても、空回りします。

だから、体の仕組みに合わせた生活をすることが大切です。

私の場合は、忙しくて体調管理を怠ったのが原因でした。

体のバランスが崩れるから、心のバランスが崩れます。

忙しいからこそ、体のケアが大切です。

アロマ整体は、40分で足から頭まで、全身の調整をします。

その結果、血流がよくなり、身体が本来の働きを取り戻します。

また、アロマテラピーで、同時に心のバランスも整います。

忙しくて疲れている方は、ご相談ください。