Q&A詳細 | アロマ整体サロン フライハイ

Q&Aカテゴリ 疲労回復 Q&A
質問 帰宅したら、疲れて何もしたくありません。
回答
「何もしたくない」と感じる疲れは、疲れが慢性化しています

本来は、夜の睡眠で疲れがとれます。

そして、翌朝にはすっきりします。

ところが、寝ても疲れがとれない日が続くと、疲れが慢性化します。

だから、疲れをとる基本は、「その日の疲れは、その日のうちにとる」です。

寝ても疲れが取れない人へ

「何もしたくない」と感じるときは、体も心も疲れてしまっている場合が多いです。

そんなときは、体を動かすことがつらく感じます。

だから、心の疲れから取り除きます。

簡単な方法は、深呼吸とアロマテラピーです。

呼吸は、脳の働きと密接な関係があります。

息を吐くときに、脳の緊張が緩まります。

だから、できるだけゆっくり息を吐くようにします。

深呼吸は、いつ、何回しても大丈夫です。

深呼吸した分だけ、脳の緊張が少なくなります。

おすすめなのは、夜寝る前、仕事の合間の休憩時間、イライラした後です。

アロマテラピーは、香りを感じた瞬間に脳が反応します。

香りをかぐだけで気持ちの切り替えができます。

だから、疲れて何もしたくないときには、とても有効です。

たとえば、疲れたけれども、がんばらなければいけないとき。

そんなときは、ローズマリー、ペパーミント、ゼラニウムなどの元気が出る香り。

疲れて、このままゆっくり休みたいとき。

そんなときは、リラックスする、オレンジ、ラベンダー、カモミール・ローマン。

"これからどうしたいか"によって香りを使い分けます。

すると、香りをかぐだけで、心の疲れを和らげることができます。

心の疲れがとれると、体を動かす気力が出ます。

そうなったときに、食事のとり方や、体の使い方を意識します。

すると、無理なく疲れにくい体がつくれるようになります。

どんなに疲れていても、疲れをとる方法はあります。

アロマ整体では、毎回、足から頭まで全身の調整します。

すると、全身の疲れが同時に解消します。

特に、首と頭の調整で、深く眠れるようになります。

その結果、疲れがたまりにくくなります。

何もできないほど疲れている方は、ご相談ください。